地方公務員が中小企業診断士資格取得を目指してみる

粒見柄人と申します。市役所職員による中小企業診断士試験合格までの軌跡です。

中小企業診断士、勉強実績の管理

こんにちは、つぶからと申します。閲覧いただき、ありがとうございます。

 

勉強実績の管理方法

勉強計画を立てましたが、実績を管理しないと勉強時間が確保できているかどうか分かりません。

私は実績管理のために「Study Plus」というアプリを使用していますので、その紹介をいたします。

 

Study Plusの機能は?

①教材を登録できる

自身が勉強に使用する教材を登録でき、登録した教材ごとにどれだけ勉強したかを記録できます。一般的な教材であれば、書籍名の検索やバーコードから登録でき、表紙の画像も掲載されるため、本棚に並べる感覚で勉強教材を選択できます。

もちろん、ストップウォッチ機能で正確な時間も測れますし、時間の記録もしつつ、ページ量や問題数などの学習量も併せて記録可能で、さらにメモまで付けられます。

まさに至れり尽くせりですね。

 

②一週間の目標設定が可能

読んで字の如くですが、一週間分の目標勉強時間が設定できるため、計画通り進んでいるか把握が簡単にできます。

あわせて月間の勉強量も見られます。

 

③自身の勉強カテゴリ登録とSNS機能

自分が何を勉強しているか、カテゴリを登録できます。もちろん私は中小企業診断士で登録していますが、各種の資格についてカテゴリが存在しています。

さらに、自分が何をどれだけ勉強したかをタイムラインに掲載でき、また、他の人のものも、カテゴリで絞って確認することができます。

そのため、他の人が、どんな教材をどれくらいの時間勉強しているかが分かることで励みになりますね。また、SNSのように、いいね!できたり、友達になったりできるので、同志を見つけて切磋琢磨しても良いですね。

 

こんなところでしょうか。

私も実績管理をしていますが、なかなか平日だけでは一日二時間は達成できず、土日を使って何とかやれるかな、って感じですね。

これも実績管理しているからこそ分かる情報です。合格を目指すためには、勉強量の確保は必須であり、その実績管理も必然的に求められます

興味が湧いた方は、ぜひ「Study Plus」を使って見てください。